福岡・博多、天神の新天町商店街(しんてんちょう)

福岡 新天町

老舗の今昔編 老舗の今昔編
コラムニストのトコさんが、
新天町の中でも屈指の歴史を誇るお店を突撃訪問。
すべて創業200年を超える専門店ばかりです。
老舗のこだわりから時代に合わせた新しい挑戦まで、
じっくり探ってきました。
(企画・制作/西日本新聞社広告局/2009年8月

千鳥屋 新天町北通り店

千鳥屋 新天町北通り店
福岡を代表する和菓子店 『千鳥屋』。

鎖国時の長崎で南蛮菓子の製法を学び、1630年に佐賀でカステラと丸ぼうろの店を創業、その後飯塚に移ったそう。

「『千鳥饅頭』(1個100円)は祖父がカステラからヒントを得て発案したもの。今もその当時の味を守り続けています」と原田 実樹宜社長。

新天町の店は福岡市への出店第1号。定番の味を大切にしつつ新しい味にもチャレンジしています。

それが原田社長の弟・佳典さんがフランスで修業し立ち上げた菓子ブランド『TEN』。 3階の工場から届く出来た てを1階で販売、2階のカ フェで味わえます。

「フランス仕込みの味に和菓子の技術を合わせた自信作です」と原田社長が薦めてくれたのは「天神マカロン」(1個170円)。九 州産の素材を使い「きな粉」 「あずき」「柚子」「焼酎」など和の要素を取り入れた珍しい味が評判。

どれもク リームたっぷり、素材の味が生きています。フレッシュな食感はほかのマカロンとはひと味違うわ。

新発売の 「ピエロのバームクーヘン」 (1ホール千円)も新食感よ。
営業◆9:00~20:00
電話◆092-751-9084
サイト◆http://www.chidoriya.net/

文具の復古堂

文具の復古堂
室町時代創業、新天町きっての老舗『復古堂』。

足利尊氏の代、中国との貿易拠点だった博多で中国に倣って筆の製造を手掛けたのが始まり。屋号は江戸時代、黒田藩主に賜ったという由緒 あるお店です。

老舗のこだわりは2階にあり。先々代の平助さんが考案し、全国の小学校で採用された「平助筆」など品質、品数ともに自慢の筆が並びます。

壁一面を彩るのは手すきの和紙( 65.5× 98センチ・630円〜)。河原田吾朗店長が京都の紙すき工房で直接買い付けたという力の入れようです。

着物のような手染めの柄にうっとり。友禅、強製、雲竜…和紙にもいろ いろあって、工芸に凝る方が遠方からも訪れるそうよ。

便せんやはがきも毛筆用、 万年筆用など用途に応じて数百種類。地元イラストレーター・初瀬義統さんの絵はがき(4枚組500円)は福岡の祭りが題材で、県外へのお便りにもってこいです。

「時 代とともに文具の主流は変わりますが、日本の文化と伝統を伝える ”本物”を手に取ってほしいですね」と河原田店長。

人間国宝の故 安部榮四郎さんの手による和紙もかなり貴重よ。
営業◆10:10~19:50
電話◆092-751-7961
サイト◆http://www.fukkodo.co.jp/

ゑり孝 新天町本店

ゑり孝 新天町本店
和装小物店『ゑり孝』のルーツは1694年創業の米穀店。

「祖母が着物の半襟に刺しゅうをして売ったのが評判となって、半襟の専門店に なったんです」と松田 深雪店長。

お父さまで先代の安武孝一さんは川柳作家で芸術家肌。”半襟屋の孝一”から屋号を考案し、商品の包み紙や店のロゴのデザインも手掛けたとか。”新天町”の名付け親でもあるのよ。

「扱う商品は時代に合わせ て半襟から帯、和小物へ広げています」と松田店長。今は博多織やかすり、ちりめん 素材の洋服や小物が人気で、 外国人観光客にも好評とか。

特にTシャツなど同店オリ ジナルの洋服(4725円〜)は、松田店長がデザインする人気商品。風呂敷のタペストリー(1890円)はお土産にもぴったりよ。

呉服を扱う2階は、和と洋を組み合わせたインテリ アがすてき。これも先代の趣味で、まるでギャラリーのようです。

ディスプレーされた レトロモダンな呉服や帯は松田店長が好きな柄を自分で着て、触れて、納得した上でセレクトするそうよ。センスの良さは先代譲りね。
営業◆10:30~19:30
電話◆092-741-7240

紳士洋品 シノハラ

紳士洋品 シノハラ
『紳士洋品シノハラ』は新天町唯一のメンズのお店。

創業者は明治維新直後、 養蚕技術を学んだ篠原 新吾郎社長のひいおじいさま。生糸や真綿の製造販売から紳士洋品店へと展開していったのだとか。

福岡でワイシャ ツを売り出したのは同店が先駆けだったそうよ。新天町創業と同時に中洲 から移って以降も、生地やデザインにこだわる男性に愛されてきた同店。

「量販店では見つからないものを探しに来る方や古くからの常連さんが多いですね」と篠原社長。

例えばワイシャツのずり上がりを抑えるインナーベルトは、やっと見つかったと喜ばれることの多い品。ステッキや帽子などセンスのいい身の回り品も充実していて、ネクタイやネクタイピンの新作を毎回楽しみに している方もいるそうよ。

最近の売れ筋は? と尋ね たところ、篠原社長が取り出したのは「スーパーストレッチパンツ」(2万5200円)。生地の伸びが良くラ クチンでサラサラの肌触り。 はき心地の良さが評判です。

2階はギャラリーになっています。
営業◆10:00 ~ 20:00(日曜、祝日は10:30 ~)
電話◆092-741-2217
第10回は創業200年以上!老舗の今昔トコトコ新天町トップ

HOME  商店街マップ トピックス ギャラリー情報 新天町ブログ 新天町とは? アクセスマップ  お問合せ


新天町商店街商業協同組合 事務局 TEL:092-741-8331 FAX:092-741-6131
〒810-0001福岡市中央区天神2-9新天町ビル510
Copyright (C) SHINTENCHO All Rights Reserved.