福岡・博多、天神の新天町商店街(しんてんちょう)

好きです、私たちの福岡 新天町

2019年05月14日 06:59 PM
――――――――――――――――――――――――――――――――――
※開催時間 午前11時より午後7時まで
作家の事情により早く終了する場合があります。
それぞれ最終日のみ午後5時まで
※毎週月曜日は休廊です。
――――――――――――――――――――――――――――――――――

5月28日(火)~6月2日(日)
大野和美 絵画展-命の営みとエネルギーを求めて- (熊本県玉名市)
場所…2F
内容…野に咲く花や自然に生きる昆虫などの美しさや命のエネルギーを光や色彩やタッチで一枚のキャンバスに写し撮ってみたいと描いた油彩・水彩画 約30点
今回は渡り蝶アサギマダラが何千キロもの海を飛翔して生の営みを続けるのに心をうたれモチーフに加えた作品も展示
熊日総合美術展・熊日女性展グランプリ・21世紀アート大賞展・別府アジア国際美術展・人間賛歌大賞展・福岡サムホール展 各入賞
西日本美術展・二科展・青木繁記念大賞西日本美術展・小磯良平大賞展・上野の森美術展各入選 現在 独立美術協会会友

大内田明子(養蚕・製糸)・荒木希代(染織)
“まゆ姫プロジェクト”『イトから始まる物語』

場所…3F
内容…養蚕と生糸の取り出しから博多織までの一貫生産を目標として2011年~活動を開始
養蚕・製糸を大内田明子(福岡県市糸島市)
染織を荒木希代(福岡市中央区)が担当し正絹(すずし)の着物や帯を制作


6月4日(火)~6月9日(日)
甲斐大策遺作展 (福岡県福津市)
場所…2F、3F
内容…遺作となったペン画を中心に油絵・水墨画等約30点
1937年旧満州大連生まれ(2019年1月15日大動脈解離の為死去81歳)早稲田大学東洋美術史科卒業後 1960年代からアフガニスタンとその周辺へ通い続ける 自身もイスラム教に入信 1988年頃から文筆活動を本格化し五木寛之・中上健次両氏らから絶賛をあびる


6月11日(火)~6月16日(日)
喜寿記念 十五代中里茂右ヱ門作陶展(佐賀県武雄市)
場所…2F
内容…平戸三河内焼に伝わる「二重透かし彫り」(日本の伝統工芸技法で欄間や刀剣の唾にもみられその技法を磁器び施した白磁の二重の網目のような精密な彫り)父十四代に弟子入りし1972年に十五代を襲名しルーブル美術館東洋部門の国立ギメ美術館所蔵 今回は全て香炉約30点
ヘタでもホンモノ 秀島踏波書展in天神 (大阪府豊中市)
場所…3F
内容…時には力強く又繊細に感性の赴くままに書き 今ここに生きている「実在感」を追求する書を田川市美術館での展示に先駆けての天神での展覧会
1941年福岡県田川郡添田町生まれ 現在は関西を中心に活動1967年奈良教育大学学芸専攻科(書道)を修了 学生時代より日本書芸院展・毎日書道展・読売書法展等に出品し受賞多数1972年第1回目となる個展を開催 この時に洋画家・須田剋太と出会い励ましを受ける1988年書壇から離れ個展での発表を主な活動の場とする2003年には初の本格的な回顧展「書の表現、その熱き心」(主催/福井県立美術館)を開催 現在も詩人や絵画・立体作家・音楽家等の交流の中で自身に於ける書の在りようを模索している パネル・額装作品を予定 点数は未定


6月18日(火)~6月30日(日) ※6月24日(月)休廊
大庭豊現代絵画展-それぞれの自分に会う為- (福岡県那珂川市)
場所…2F
内容…アクリルによる心象画 約25点

ちくちく作品展-99個のバック-(仲山みち子/福岡県筑紫野市)
場所…3F
内容…創作バック99点のみの展覧会




===お問い合わせ===
新天町村岡屋ギャラリー
福岡市中央区天神2-8-237
新天町南通り 村岡屋2F.3F
℡ 092-711-1187
https://www.muraokaya.co.jp



■トピックス■
■過去のトピック■

HOME  商店街マップ トピックス ギャラリー情報 新天町ブログ 新天町とは? アクセスマップ 新天町の概要

お問合せ

新天町商店街商業協同組合 事務局 TEL:092-741-8331 FAX:092-741-6131
Copyright (C) SHINTENCHO All Rights Reserved.