福岡・博多、天神の新天町商店街(しんてんちょう)

好きです、私たちの福岡 新天町

2016年09月20日 01:18 PM
9月27日(火)~10月2日(日)
藤本信年 二人展
内容・・・藤本信年 九重の四季が織りなす美しい風景を写実的に描いた
     洋画20数点。
     藤本冨士美 洋服やドレス、白磁器等に絵付けした見て美しい
     作品を展示 20数点。
     オリンピックの開催年ごとの展覧会。今回は、妻冨士美さんの
     独創的な創作作品も展示の二人展。


10月4日(火)~10月9日(日)
守屋任人 水彩画展
内容・・・京都嵐山、根子岳や桜島、秋月の黒門等の風景や、桜の唐津城
     や姫路城などのお城を描いた5-6点も加えた風景画。他 桜や
     カトレア等の花を描いた作品。合わせて約30点。


10月11日(火)~10月16日(日)
竹内寛二 パステル画・水彩画展
内容・・・東北、京都、山口・津和野、大分、福岡等の四季の彩りを水彩
     やパステルで描いた風景画 30数点。


10月18日(火)~10月23日(日)
花田喜八郎 小品油彩展
内容・・・〝美は創作から生まれる″色々とシリーズを追って
     「月シリーズ」「川シリーズ」「道シリーズ」に続いて今回は
     「山シリーズ」自然を愛する作者が、近隣の山々をスケッチし
     て描いた油彩画 30数点。


10月25日(火)~10月30日(日)
書の創作展 横田雅丘 個展
内容・・・格好よく品があり、心が表れるような書を心掛け、筆もいろいろ、
     新しい墨や色物、又、白黒逆転のもの等。創作的な書20数点。



==お問合せ==
ギャラリー風
福岡市中央区天神2-8-136
TEL 092-711-1510
http://www.artwind.jp/

2016年09月16日 12:00 AM
10月4日(火)~10月9日(日)
BéBé工房彫金作品展(1F)
*真珠などを使ったシルバーのオリジナル彫金アクセサリー、約200点。


アートスタジオTRE+マルベリーニ展(2・3F)
*桑野進氏と高野向子氏の絵画教室生徒作品展。
油彩画、アクリル画、水彩画、パステル画で、静物や人物、風景などを
描いた作品約70点。


自然へのまなざし 藤岡豊子展(4F)
*ここ10年位、葉っぱをモチーフにして「輪廻」というテーマで自然から 
 感じる強さ、美しさ、はかなさを表現している藤岡氏。独立展等に出品した
大作を並べて、ふり返る。

10月11日(火)~10月16日(日)
平原恭輔 絵画作品展 My Pleasant Flowers 5(1F)
*我が家の庭に咲いたり、近所で見かける花達を、明るくポップに表現。
アクリル画約15点。  


Nature Ⅱ 讃井智恵美展(2F)
* 自然素材とSilverを組み合わせたオリジナルジュエリー。
  大地、空、海、植物などをテーマにトルコ石、ラピス、貝、黒檀、
めのうなどを、ゆっくり時間をかけ制作した作品約100点。


ジョン・カブチャル 男の刺繍展(3F)
*韓国では、15年程前から若者を中心にクロス刺繍が流行し、男性の割合も多い。  
そういった韓国の文化の一面を紹介する。婦人や動植物など大きな額に入れた作品
から、メッセージカードや携帯ストラップなどの小さな作品まで約100点を展示。


第11回福岡文化連盟祭り「第3回天神アートビエンナーレ」
特別コラボレーション展 九州のリズム~文芸と書~(4F)

*言葉のリズム表現である文芸と文字のリズム表現である書とのColloboration.
ともに九州の地で活動してきた文芸と書が、新しい出会いを求めて科学反応。
九州の今の言葉を今の文字で表現します。会期中、朗読会を予定。


10月18日(火)~10月23日(日)
白井紘子 油彩・水彩 展(1F)
*対馬に生まれ育った白井氏。岩、崖、石コロの形等、自然が造り上げた不思議な
形にひかれ、日々折々の自分の生活の中での出会い、過ぎて行った時間と思い出を島の自然の岩や石の形と重ね合わせて、記憶の断片をとり出して作品にして
いる。油彩・水彩約20点。


吉井秀夫個展(2F)
*気がつけば半世紀以上も描き続けた趣味の油彩画。吉井氏自身の人生を
振り返る個展。風景画、静物画、4号~50号の油彩画、約25点。


*TOMOKAZU櫻井共和展(3・4F)
*櫻井共和氏の感じるものをそのまま表現した、スピードのある筆の走りや戯れを
感じるドローイング的抽象画を展示する。
  絵画、215㎝×200㎝ 15点、65.2㎝×65.2㎝ 6点を展示予定


10月25日(火)~10月30日(日)
高宮操 写真展 水の流れはたえずして(2)(1F)
*夏から去りゆく秋までの水の持つ表情を多面的に撮った写真カラー
デジタル作品。テーマは「激」。全紙カラー30枚。


第5回 伊藤忠雄 絵画展(2・3F)
*日田市在住の伊藤氏の個展。1996年66歳の時、家業の養鶏業を廃業し、絵描き
になることを決意する。風景や花の油彩画など。


ガキグラ8th Exhibition(4F)(仮)
*ガキンチョ」みたいな気持ちを大切に創作していくというコンセプトのもと、
2007年の「個々展」をスタートに結成されたグループ、ガキグラ。
イラストレーション・クラフト・リトグラフ・立体の作品。



==お問合せ==
㈱ギャラリーおいし
福岡市中央区天神2-9-212(新天町南通り)
TEL 092-721-6013
FAX 092-752-1066
アドレス gallery-oishi@par.odn.ne.jp

2016年09月12日 12:59 PM
9月26日(月)~10月2日(日)
阿部健太 個展


9月27日(火)~10月2日(日)
武蔵野美術大学 校友会 福岡支部小品展


10月3日(月)~10月9日(日)
唐津焼・土平窯 藤ノ木陽太郎展


10月4日(火)~10月9日(日)
秘められた美・更紗と裂織展

はる 動物アクリル画展


10月10日(月)~10月16日(日)
いのちのリズム with エイブルアート展


10月11日(火)~10月16日(日)
「風の東西」イレーヌ・ボワゾゲール+黒田アキ+小林康夫


10月17日(月)~10月23日(日)
濱田隆志 近作展


10月18日(火)~10月23日(日)
和睦会 水彩画展


10月24日(月)~10月30日(日)
栄村ひと恵 個展

まみ 彫金展


10月31日(月)~11月6日(日)
宗像敏男 個展

天川冴子 個展


==お問合せ==
ギャラリー風
福岡市中央区天神2-8-136
TEL 092-711-1510
http://www.artwind.jp/

2016年08月29日 06:13 PM
8月30日(火)~9月11日(日) 5日(月)は休廊
サムホール展
・連絡先・・・ギャラリーセル ℡092-741-4890
・内容・・・田村能里子の「砂漠の語りべ」「風」、荻太郎「女」、
      大沼映夫「三角形のある顔」、橘野冨彦「ガラス皿に果物」
      「赤い屋根」、糸田玲子「渚燃ゆ」他3号から0号までの小品、
      約20点展示。


9月13日(火)~9月18日(日)
長寿展
内容・・・矢野教室、藤崎和子教室で元気に楽しく描いている80歳
     以上の、9名による水彩画とはがき絵、矢野先生による
     出品者の似顔絵。合わせて約30点。


9月20日(火)~9月25日(日)
油彩・水彩小品展
・連絡先・・・ギャラリーセル ℡092-741-4890
・内容・・・足達襄、長谷川陽三、国崎登美、二宮哲男 他、地元
      作家による油彩、水彩作品20数点展示。


9月27日(火)~10月2日(日)
藤本信年 二人展
・内容・・・藤本信年 九重の四季が織りなす美しい風景を写実的
      に描いた洋画20数点。
      藤本冨士美 洋服やドレス、白磁器等に絵付けした見て
      楽しい作品を展示 20数点。
      オリンピックの開催年ごとの展覧会。今回は、妻富士美さん
      の独創的な創作作品も展示の二人展。



==お問合せ==
ギャラリー風
福岡市中央区天神2-8-136
TEL 092-711-1510
http://www.artwind.jp/

2016年08月19日 09:00 AM
8月30日(火)~9月4日(日)
福岡大学美術部・同窓会合同有志展『未来』(2・3F)
*約40名。水彩・油彩・CG・オブジェ・陶器など。

第一回 福岡大学美術部同窓会展示(4F)
*約20名。水彩・油彩・CG・オブジェ・切り絵など。


9月6日(火)~9月11日(日)
鈴木淳展 「どんたくおいしおばあちゃん」(1F)
*国内外で活躍しているアーティスト鈴木淳氏による、
 新天町を題材とした展示。


Resonance ASIA 2016 (2・3・4F)
*9月10日(土)~11日(日)[内覧会9日(金)]に福岡で昨年に引き続き
アートフェア「ART FAIR ASIA / FUKUOKA 2016」が開催される。
多くの方々が集まるこの期間に、九州の若手作家をギャラリー、
コレクターまたアートファンだけでなく、たくさんの人々に広く紹介する
グループ展を開催します。この展覧会が街に芸術文化が根付くための
第一歩として、色々な人に現代アートへの興味を持ってもらい、
同時に楽しんでいただけるイベントにしたいと思う。

■出品作家 安藤圭汰、入江万理子、牛島光太郎、木下由貴、
 国本泰英、進佳那子、瀬戸口朗子、そだきよし、内藤清加、
 中尾葉子、鍋島哲治、羽禰田清光、藤瀬大喜、溝田征二、
 宮城壮一郎、宮脇由美、村田晴子、森田加奈子、八頭司昴、
 八尋晋、山崎悠人、山室淳平(22名)


9月13日(火)~9月18日(日)
岩永敬三 展 (1F)
*水面に揺らぐビルの窓、看板などの抽象的な模様を光、風、水の
メッセージとして捉えた半具象の作品を中心に。


現美書芸院 15周年記念展(2・3・4F)
*国内外で活動を展開する松田朴伝氏をはじめ、九州・関西・関東
 の会員総勢約100名で構成する現美書芸院会員による展覧会。
書を基調とし、古典に立脚した基盤作りの上で、様々な角度から書を
アートとして捉え、紙やキャンバス、布地などに墨・絵具・ペンキ類で
の墨象を中心に、約80点展示する


9月20日(火)~9月25日(日)
創作服 今尾知子展(1F)
*京都のシブ柿と行橋の太陽で染めた柿シブ染め、手織の久留米絣、
草木染のストール等、約70点。


9月27日(火)~10月2日(日)
第2回 池尻花子 創作人形展  星の子・花の子やち・・・(1F)
*窓辺にねこたちがいる。
人形たちは無雑作に立つ。
コップに冷たい水。
朝の4:00。
人形たちと私の時間が始まる。
製図からすべてオリジナル。
主に子供の人形約30体。


マッコウ鯨歯のアクセサリーと坂本保とクジラ絵展 (2F)
*マッコウ鯨の歯を使って制作したアクセサリーや工芸品を展示。
又、坂本保氏の描く様々な種類のクジラの絵を展示。


有馬広文油彩画展 (4F)
*鹿児島在住の有馬広文氏。
身のまわりの花(ばら、ひまわり)たちと桜島。油彩画約25点。 
他、デンマークのコペンハーゲンやオランダの旅行先の風景を
描いた水彩画作品も展示する。



==お問合せ==
㈱ギャラリーおいし
福岡市中央区天神2-9-212(新天町南通り)
TEL 092-721-6013
FAX 092-752-1066

■トピックス■
■過去のトピック■

HOME  商店街マップ トピックス ギャラリー情報 新天町ブログ 新天町とは? アクセスマップ 新天町の概要

お問合せ

新天町商店街商業協同組合 事務局 TEL:092-741-8331 FAX:092-741-6131
Copyright (C) SHINTENCHO All Rights Reserved.