福岡・博多、天神の新天町商店街(しんてんちょう)

好きです、私たちの福岡 新天町

2016年05月24日 06:34 PM
5月31日(火)~6月5日(日)
田村正一展(水彩画)
詫び然びをテーマに石畳、町家、寺院、回廊など、京都、新潟で取材したモチーフをもとに、その具現化を目指し、描いた風景や、植物等の水彩作品 約30点。

6月7(火)~5月12日(日)
野口睦幸展
なにげない街や村里の情景に惹きつけられて描いた油彩画、背振山の麓の景色や、工場地帯、古びた建物など 約40点。

6月14(火)~6月19日(日)
セル小品展
・連絡先・・・ギャラリーセル TEL092-741-4890
・内容・・・ギャラリー所蔵の油彩、水彩の作品を約25点展示。

6月21(火)~6月26(日)
濱義文 漆画展
独特の奥行や質感、宝石のように輝く魅力的なベトナム漆画。
今回は天草陶石を用いて新しい画面作りに挑戦した。約40点を展示即売。

6月28(火)~7月3日(日)
山崎勉 油絵展
・連絡先・・・ギャラリーセル TEL092-741-4890
・内容・・・30有余年、パリを拠点に活動。フランスを中心にヨーロッパ各地の風景、      日本では沖縄の風景、果実や花などの静物画、そして人物画等 約30点。



==お問い合わせ==
ギャラリーSEL
福岡市中央区天神2-9-207(新天町南通り)
TEL 092-741-4890


2016年05月11日 09:45 AM
6月1日(水)~6月12日(日)
首藤マヤ展 (4F)
*平面、オブジェ、ドローイング約20点によるインスタレーション。


6月7日(火)~6月12日(日)
鄭 琪満 作陶展 ~朝鮮唐津~(1F)
*藁灰の青白、辰砂の赫が黒釉に流れ落ちる。
朝鮮唐津の花器や茶器、約50点。


6月17日(金)~6月25日(土)
しょうぶの森 -jungle jungle-展(1F)
*走る線、踊る点、連なるマルとうたう人々。
彼らの手から生まれる無垢な表情には、ジャングルを這うツルや葉の上をはねる光、そして木々が寄せるエネルギーのような秘めた力がある。
3年半ぶりとなる本展では、生命感溢れる植物の中に、工房しょうぶのジャングルアートな絵画やオブジェ、また、バック、アクセサリー、器などのクラフト作品を展示。見る者の本能を刺激するプリミティブな世界は、情報にデザインされた現代社会に“ホントのコト”を教えてくれるヒントがある。
◆最終日25日(土)17:00~19:00に上映会・トーク(有料 1,000円)があります。
■映像作品「so:but[and]=1.2.3.4-あらかじめ,情動の.」
しょうぶ学園の創作活動の一つである音パフォーマンス集団「otto&orabu」によるパフォーマンス映像と ともに、彼らの活動拠点である知的障害者施設「しょうぶ学園」で撮影された彼らの 
日常の映像で構成されている。
■トーク
イワタトシ子(NPO法人 I have a dream 代表)
中村美亜(九州大学大学院芸術工学院コミュニケーションデザイン科学部門准教授)
福森伸(しょうぶ学園施設長)


6月21日(火)~6月26日(日)
西村昌子 日本のアロハシャツ 2016 展(2F)
*西村昌子氏が、各地で集めた昭和初期の着物を解いて洗い何枚かの着物を組み
合わせてデザインし作り出した、世界に一着のアロハシャツや小物の展示販売。

坂口マリコ・大庭道夫 二人展(3F)
*主に街なかや港の風景を油彩と水彩でまとめている坂口氏と、旅先で印象に残った 風景や事物をパステルで描いている大庭氏の二人展。「黒い落ち葉」をテーマに描いた作品1,2点を含み、それぞれ15点ずつ展示。


6月28日(火)~7月3日(日)
野口正幸油彩展(1・3F)
*ふとした時に、目に映った光や色、耳にふれたもの、風の香り、感じたものを
そのままに描く野口氏。
花・風景・静物・演奏している人など、静けさや躍動感を感じる作品
約40~50点。
1Fは最近と新作の油彩画。
3Fは近年のパステル画。

河野華洋 墨色の世界展(2F)
*墨の濃淡で表現した、風景や樹、花などの墨絵 約20点。




==お問合せ==
㈱ギャラリーおいし
福岡市中央区天神2-9-212(新天町南通り)
TEL 092-721-6013
FAX 092-752-1066


2016年04月26日 04:07 PM
4月25日(月)~5月1日(日)
八坂圭 個展


5月2日(月)~5月8日(日)
池田真知子・四位有加子による
(九大芸術工学府修士を修了)
〝花と心展″絵画

はにわ 4人展
イラスト・立体・写真


5月9日(月)~5月15日(日)
藤崎英子 アート&クラフトデザイン展

原田聖子 琥珀と天然石のアクセサリー展


5月10日(火)~5月15日(日)
MACHIKO オリジナル服展


5月16日(月)~5月22日(日)
原口正義 油絵展


5月23日(月)~5月29日(日)
-87年の軌跡- 馬場勝芳 絵画展


5月30日(月)~6月5日(日)
宇美拓哉 個展

大野真沙代 彫金展



==お問合せ==
ギャラリー風
福岡市中央区天神2-8-136
TEL 092-711-1510
http://www.artwind.jp/

2016年04月25日 02:30 PM
5月10日(火)~5月22日(日)
第21回 木戸 龍一 作品展 屋久杉シリーズより(1F)
*屋久杉の年輪からイメージし、色を付け、額装した作品約10点や、
大小の抽象彫刻約10点。


5月10日(火)~5月15日(日)
版画 女子会展(4F)
*九州で版画制作を行っている若手作家3名の展覧会。加藤惠、田島惠美、野村菜美。


5月17日(火)~5月22日(日)
能美 多都子 日本画展(2F)
*今年94歳を迎える能美さんの三回目の個展。身近な物を楽しんで描いた小作品
約20点。


5月24日(火)~6月5日(日) 11:00~19:00 ※最終日6/5は17:00迄
羽禰田 清光展(1F・2F)
*人のかたちらしきものが描かれた画面。
そのものたちを包む独特の空気感が解放された光を感じさせる。
「私にとって絵を描くという行為は祈ることとも言える」と羽禰田氏。
F100号と4メートルを超える大作、小品18点。(全部で20点)
全て「UNTITLED」という作品を展示する。

※会期中無休です。



==お問合せ==
㈱ギャラリーおいし
福岡市中央区天神2-9-212
TEL 092-721-6013
FAX 092-752-1066


2016年04月25日 02:13 PM
5月3日(火・祝)~5月8日(日)
サムホール展
・連絡先・・・ギャラリーSEL TEL092-741-4890
ギャラリー所蔵の油彩、水彩のサムホール作品を中心に約20点展示。

5月10(火)~5月15日(日)
上田博之 水彩展
四季折々に訪ねた阿蘇、九重、由布院、玖珠などの山並み風景や、福岡近郊の里山、水辺、田園風景などを現場でスケッチして描いた透明水彩による水彩画 30数点。

5月17(火)~5月22日(日)
坂下昌 水彩画展
北安曇郡の白馬村、奥入瀬、京都の嵐山や九重等の抒情ある日本の原風景を爽やかに描いた作品や、薔薇、牡丹、紫陽花、菖蒲などの花、桃や柿などの果実を艶やかに描いた水彩画 30数点。

5月24(火)~5月29日(日)
―熊本地震復興支援チャリティ―
〝明日へのメッセージ"絵画小品展
この度、熊本・大分地震では甚大な被害にみまわれました。
「作家の視点」実行委員会では〝明日へのメッセージ"絵画小品展を開催し、売り上げを復興支援に役立てます。9名の作家で油彩・テンペラ画・アクリル画・版画など小品40点余りの展示即売です。

5月31(火)~6月5日(日)
田村正一展(水彩画)
詫び然びをテーマに石畳、町家、寺院、回廊など、京都、新潟で取材したモチーフをもとに、その具現化を目指し、描いた風景や、植物等の水彩作品 約30点。



==お問い合わせ==
ギャラリーSEL
福岡市中央区天神2-9-207(新天町南通り)
TEL 092-741-4890


■トピックス■
■過去のトピック■

HOME  商店街マップ トピックス ギャラリー情報 新天町ブログ 新天町とは? アクセスマップ 新天町の概要

お問合せ

新天町商店街商業協同組合 事務局 TEL:092-741-8331 FAX:092-741-6131
Copyright (C) SHINTENCHO All Rights Reserved.